意外と知らない?セラミドの働き

意外と知らない?セラミドの働き!?

肌の状態が不安定な子ども・敏感肌・乾燥肌に悩むすべての方の肌にやさしい高品質保湿美容液「潤静(うるしず)」には、ポリグルタミン酸やプラセンタ・キハダ樹皮エキスなど注目の保湿成分が盛りだくさん!

 

そしてもうひとつ、忘れてはならない配合成分が、美肌を作るための保湿成分セラミドです。

 

 

潤静(うるしず)には、人間の皮膚に馴染みやすいヒト型セラミドが3種類も配合されているのですが、その働きは意外と知らないかも?
ということで、セラミドの働きについてみてみましょう。

 

セラミドは細胞間脂質。

 

これは肌の角質層の各細胞のすきまにあるスポンジみたいなもので、水分や必要な油分などをたっぷり含んで肌の潤いを保っています。若くて健康な肌なら、もともと肌に存在しているセラミドの量も多いのですが、老化や外敵刺激などの影響でどんどん減ってしまいます。そうなると、肌は乾燥してバリア機能も失われてしまいますから、外側からのセラミド補給もスキンケアの大切な要素となります。
敏感肌やアトピー性皮膚炎の肌でもセラミドが減少することが確認されているので、肌の健康と若々しい潤いを保ちたいなら、セラミドがたっぷり配合された潤静(うるしず)を角質層まで届けてあげたいですね!

 

トップページへ戻る