「潤静〜うるしず〜」乳児湿疹にも効果はあるの!?

「潤静〜うるしず〜」乳児湿疹にも効果はあるの!?

 

赤ちゃんにみられる湿疹をすべてまとめて乳児湿疹といいます。

 

この乳児湿疹は、赤ちゃんにはよくみられる症状で、デリケートなお肌の赤ちゃんにとってはとても身近なものです。一時的なものがほとんどなため、正しいケアをしてあげることでより早く治してあげることができます。

 

生まれてまもない3ヶ月未満の赤ちゃんは、ママのホルモンを受け継ぐ影響で、皮脂の分泌が盛んになっています。そのため、皮脂によって毛穴詰まりをおこし、湿疹ができてしまうのです。一方、生後3ヶ月を過ぎた辺りからは、皮脂の分泌が急激に減り始めます。そうすると、赤ちゃんのお肌はカサカサしがちになり、外部からの刺激を受け炎症を起こしてしまいます。この炎症が乳児湿疹となるのです。

 

顔や体にまで赤いポツポツが出てしまう乳児湿疹ですが、痛みやかゆみがないのがほとんどです。
そんな乳児湿疹のケアのポイントはお肌を清潔に保つことと保湿をすることです。

 

石鹸を使って汚れを落とすことが重要です。ガーゼにつけた泡でお肌を洗いましょう。そして、ぬるめのお湯でしっかりと洗い流すようにしてください。

 

汚れを落とし清潔になったお肌には保湿をすることも大事です。保湿することによって、皮膚を保護し、バリア機能が期待できるのです。

 

赤ちゃんのお肌を保湿するためにはどのようなスキンケアを用いるべきなのかは悩みどころですよね。

 

そんなときにおすすめなのが、赤ちゃんでも使える敏感肌美容液の潤静です。

 

 

美容液と聞くと、赤ちゃんのお肌に使うのはまだ早いと感じてしまう方も多いかもしれません。

 

ですが、この潤静はクリニックの院長がお肌に優しいケアを心がけて監修したもので、大人気の妊娠・出産・育児マガジン「たまごクラブ、ひよこクラブ」でも紹介されています。

 

赤ちゃんでも使えるようにお肌に良くないものは排除した10の無添加に、98%の植物由来エキスを使用しています。配合されている成分は、潤いを保ちバリア機能を高めるための三種類のセラミドや超高分子PGA、お肌の水分と脂分のバランスを整え乾燥を防ぐ発酵プラセンタなど徹底的にこだわったものばかりです。さらに、お肌を清潔に保つためのキハダ樹皮エキスも含まれています。

 

これらの安心成分が赤ちゃんのデリケートなお肌を外気から守ってくれるのです。

 

「乾燥しがちで、かゆみを訴えていた子供も潤静を使ってからはかゆみが気にならなくなった」「成分が安心して使えるのが良い」など、実際に子供に使用したママ達からの好評の声がたくさん上がっています。

 

配合されている成分がお肌に優しいものばかりだという点も魅力の一つです。

 

トップページへ戻る